キャッシング 審査

自営業者のキャッシング

キャッシングを利用するには安定した収入が必要です。
そのため、好まれるのは長年同じ会社に勤めているサラリーマンの方です。
反対に自営業者の方は、収入が安定していると判断されづらく、審査で不利になるのが実情です。

 

キャッシング【本日中に借りられる消費者金融】スピード審査

 

しかし最近ではそういった自営業者向けのキャッシングが登場しています。金利などが優遇されるわけではありませんが、自営業者の方が借りやすいキャッシングです。
個人向けと違って少し面倒なのは、収入証明書類として決算書や申告書を提出しなければならない点です。一方で、事業性資金は総量規制から外れるため、年収の3分の1以上の額を借りることも可能です。
ただし、業歴が2年以上あること、といった条件がつくこともあります。したがって無職の方がお金を借りる目的で自営業の申請をしても、実績がない以上は難しいかもしれません。
また、自営業を営んでいる人向けですので、会社を辞めてこれから自分で開業するという方には向いていません。開業するのであれば、会社勤めをしているうちにキャッシングの申し込みを済ませておくのが無難と言えるでしょう。

 

モビット|増額で借り入れ限度額を増やす

主婦・アルバイトなら銀行カードローン

主婦銀行カードローン

2010年にできた総量規制という法律をご存じでしょうか?
年収の3分の1までしか借金ができないというもので、主に消費者金融での借入を対象として作られました。
そのため現在では、専業主婦の方や収入の安定していないパート・アルバイトの方は消費者金融では借りづらい状況となっています。
それというのも、かつては「サラ金」や「マチ金」と呼ばれた消費者金融が誰にでもお金を貸したために、専業主婦などが多重債務に陥るケースが多かったからです。

 

携帯でお金を借りる|即日融資OKのキャッシングはこちら

 

もし専業主婦や収入の少ない方でキャッシングをお考えでしたら、銀行のカードローンをおすすめします。
銀行には総量規制が適用されないため、年収の3分の1を超える額でも借りることができます。
銀行によっては主婦・アルバイト専用のプランを用意しているところもあります。
テレビなどでよく宣伝しているのは大きな全国銀行ばかりです。銀行カードローンのご利用をお考えの方は、まずは普段お使いの地方銀行にカードローンがないか調べてみてください。宣伝をよくする有名銀行より金利が低い場合があります。

 

アイフルの増額お申込みはこちら!